• 会社情報
  • ご挨拶
  • 沿革
  • オフィス
  • 事業内容

代表取締役社長 稲吉 正樹

稲吉 正樹

NOVAホールディングスグループは、国内最多教室数の英会話NOVA、
校舎数第2位の学習塾、海外留学のラストリゾートなど、
それぞれが業界最大手の子会社を持つ教育の総合ホールディングスカンパニーです。

弊社NOVAホールディングスは常に新しいことにチャレンジし続けることを
モットーに、日々成長と挑戦に努めております。
昨年は、日本男子プロバスケットボールトップリーグ『広島ドラゴンフライズ』が
グループ入りし、これまで培った教育のノウハウを活かしながらクラブ運営を
通しての地域貢献など、企業としての常識にとらわれず、
常に未来を見ていける企業を目指しております。
グローバル化社会における英会話の重要性は勿論、来年の東京オリンピックに向け、
英会話に対する意識が高まっている今、そのサポートを多方面から行っていきたいと
思っております。

これまでの挑戦を実績に結び付け、強くて大きなグループを目指し、
皆様に愛される企業となれるよう、
「関わる全ての方を大切にしたい」そんな想いを忘れない会社でありたいと思います。

専務取締役 小野 誉之
(自分未来きょういく株式会社 代表取締役社長)

小野誉之

「今の子どもたちの65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く」
「今後10~20年で、雇用者の約47%の仕事が自動化される」といった予測も
あるように、これからの時代、人間の仕事の在り方は大きく変わり、
同時に教育の世界も大きく変化していきます。
直近では、2020年の大学入試改革が目前に迫ってきており、
今後英語の5技能習得や思考力・表現力を身につける学習が必要です。
これからの子どもたちが「世界で活躍する」ことを前提とした仕組みや内容に
どんどん変わっていきます。
変化あるところにチャンスあり。時間は過去の延長線上にあるのではなく、
未来から流れてくるもの。従来の発想にとらわれず、これからの時代のニーズを
しっかり捉え、目は未来へ。
さあ、一歩前へ。未来に向け、私たちのチャレンジが始っています!

専務取締役 伊藤 幸子
(セントラルホールディングス株式会社 代表取締役社長)

伊藤 幸子

今、私達がパソコンやスマートフォンが使えないと
生活が不便に感じてしまうのと同じように、英語が話せるかどうか、
が人生や生活に与える影響はどんどん大きくなっています。
学校の英語教育の在り方も大きな変革期を迎えています。

そのような中、語学を学ぶスタイルや選択肢も多様化しています。

NOVA・GEOS・オンラインなど、それぞれのブランドごとに
明確な差別化を図りつつも、チェーン全体として、
「語学を学びたい」という様々なニーズに幅広く応えていけるよう、
業態本部としてそれぞれの事業のブラッシュアップに努めてまいります。

当社グループも年々、急速な拡大・事業の多様化を遂げております。
そのスピードを鈍化させることなく、新たなチャレンジを私自身が
より一層楽しみながら、更なる高みを目指してまいります!

常務取締役 隈井 恭子
(株式会社NOVA 代表取締役社長)

隈井 恭子

東京オリンピックや大阪万博の開催決定、また訪日外国人の急激な増加を受け、
ビジネスに限らず様々なシーンでの国際交流の場が飛躍的に増えています。

さらに、こども英語市場においても2020年の教育改革を受け、
英語を学ぶことが目的ではなく外国人たちと渡り合う力を身につけられるかどうかを
真剣に考えるご家庭も増えています。

「語学ができれば武器になる時代」から、
「できなければ人生の選択肢が制約される時代」へ。

語学は限られた人だけでなく、誰にとっても必要なものであることを、
多くの方が強く感じているのではないでしょうか。
だからこそ、選ばれた人にしか達成しえないものではなく、
誰にでも叶えられるものであるべきです。

私たちは、そのための環境とサービスを整え、すべての方の語学習得と、
その先にある夢の達成に貢献できる会社を目指してまいります!